胸の痛み

エピソード文字数 187文字

 なにもせずとも息がつまる
 なにもせずともどこか苦しい
 空気にさらされているだけで
 自分は耐えられないのではないか
 内側から裂けてしまいそうだ
 胸が
 わだかまる
 胸が
 絞められる
 胸が
 燃えている
 奥底のなにかが破損したのに
 煙をあげるまでどうしようもなかった
 いまもどうしようもなかった
 胸はどうしようもなかった
 その痛みにつける薬はなかった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み