殺意の矛先

エピソード文字数 356文字

 十代半ばのころ
 人と接するのがあまりにも苦痛なので
 自分には三つの道しか残されていないような気がした
 浮浪者になるか
 犯罪者になるか
 自殺者になるか
 どれも暗澹たる未来であるはずなのに
 そう考えるとなぜだか慰められた
 いまもそのころとあまり変わりはないけれど
 少しだけ違うのは
 そのころの自分は人を殺してみたいという好奇心があったので
 犯罪者になるとは殺人を犯すということだったが
 いまではむしろだれひとり殺されなければいいのにと思うようになった
 当時もそうだったのかもしれないが
 もてあました激情を殺意だと勘違いしていた
 それともやはりあれは殺意だったのだろうか
 いまも殺意のような感情はくすぶっているけれど
 殺したいのは他人ではなくて
 なにか別のもののような気がしている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み