雪の記憶

エピソード文字数 420文字

 いままででもっとも幸福な思い出はなにかと問われれば
 真っ先に浮かぶ光景がひとつある
 子どものころ
 冬の学校に雪が降りつもり
 授業はやめて遊んでいいこととなった
 しんしんと雪の降る校庭に
 恩赦を賜った囚人のように躍り出る生徒たち
 ぼくもクラスメイトと一緒に外に出たはずだったが
 いつのまにか一人で遊んでいた
 マイペースにころころと雪玉を転がしていると
 いまでは隣のクラスになってしまった友達と鉢合わせて
 一緒に雪だるまを作ることとなった
 そうしてまたひとり友達が合流し
 雪だるまを作り終えた後は
 お定まりの雪合戦
 なにもかも白い景色のなかで
 周りはだれもが遊びに夢中
 ふしぎなほど静かなこの遊び場なら
 どこにでも友達がいるような気がして
 だれとでも仲良くなれるような気がして
 この世界はなんて優しいのだろうと思った

 世界の残酷な相貌があらわになっても
 いまだにぼくは
 あの日の雪が忘れられない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み