塔と橋

エピソード文字数 207文字

 外国語なんて
 一生わからないと思ってたけど
 翻訳で繰り返し読んだ作品の
 原典をぱらぱらめくってみたら
 言葉が親しげに語りかけてきた
 なんだか不思議な感覚だ
 バベルの塔が崩れてしまって
 言葉がすっかり乱されても
 言葉と言葉のあいだに架けられた
 橋はいまだに崩れていない
 権勢を誇る塔よりも
 他者へとつながる橋こそが
 人間には必要なのだと
 原文と訳文を見比べながら
 そんなことを考えている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み