浮浪者

エピソード文字数 297文字

 たまに足をのばしていた古本屋
 その通り道に
 いつも浮浪者が寝転がっていた
 見るたびに
 なにか話しかけたいような気がした

 でもなにを話せばいいのかわからないし
 声をかけられたいのかどうかもわからないし
 自分がなにを求めているのかもわからないし
 けっきょく話しかけられないまま
 いつのまにかいなくなった

 自分もいつか
 ひとりの浮浪者になるのではないか
 十代半ば頃から
 ずっとそう思っているけれど
 そのわりには
 未だに浮浪者にもなれず
 未だに浮浪者を見ても無視して
 未だに浮浪者への予感だけを育てて
 未だに浮浪者と関わりもせず
 未だに浮浪者と友達になれない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み