夜は同じではない

エピソード文字数 315文字

 同じではない
 今夜の眠れない自分は
 昨夜の眠れない自分と
 同じではない
 同じにはなれない
 どうあがいても

 同じではない
 同じではないのだ
 夜の色あいがどれだけ似ていても
 憂鬱の濃淡がどれだけ重なっても
 同じではない
 同じではないのだ

 どうあがいても
 きみは死に向かって麻痺する
 鈍い遷移が
 眼にとまらないほどかすかでも

 同じではない
 昨日の喪失と
 明日の喪失は
 同じではない
 同じではない
 だからきみは
 暗色の夜の矜持にかけてきみは
 ひとつひとつの喪失を
 顔を奪われた死者のように識別しろ
 いたわりをもって
 死力をつくして
 同じではない夜の消え方を
 鮮やかに記憶しろ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み