鳩時計の鳩

エピソード文字数 338文字

 鳩時計の鳩が
 時を告げるために飛び出すと
 ちょうどご臨終と重なった
 鳩は気を使って鳴かなかった
 遺族たちは時計が故障したと思い
 老人の死に合わせて
 古ぼけた鳩時計も処分することにした
 廃棄された時計から
 鳩は自由へ解き放たれた
 翔る
 羽ばたく
 空を泳ぐ
 想像もしていなかった余生
 信じられないほどの世界の広さ
 ああそれでも
 自らの使命は忘れがたい
 時を告げなければ生きた心地がしない
 人家に忍び込み
 満を持して鳴くと
 不思議と必ずご臨終に重なった
 鳴こうとするたびに人が死んだ
 自分はいつのまにか
 死を告げる鳥になっていた
 羽根の色も汚れていた
 変わり果てた使命に戸惑ったが
 いまでは立派に死神の使い
 最期の時を告げている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み