死ねという言葉

エピソード文字数 326文字

 死ねという言葉は
 とても嫌な意味だし
 こんな言葉が飛び交う場面には絶対に居合わせたくないが
 なぜだろう
 死ねという言葉のざらついた肌ざわりは
 嫌いになれないんだ
 とても惹かれてしまうんだ
 だから自分に向けてよく使ってみると
 リストカットに夢中な手弱女(たおやめ)のように
 ひりひりとした毒に病みつきになる
 まだ子どもだったころ
 冗談まじりに死ねという言葉を他人にぶつけて(はばか)らなかった
 そんなことを言わなくても
 人間はいずれ死んでしまうとわかっていたら
 あのクソガキは口を閉ざしただろうか
 秩序にもたれかかって(てん)として恥じなかった
 羽毛布団のような幸福にくるまれていた
 加害に鈍感だったクソガキの自分
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み