雨が降っていた

エピソード文字数 176文字

 浅ましいことだけど
 自分を褒めてくれた言葉は
 いつまで経っても忘れられない

 本当に優しいですねと
 彼女が言ってくれたそのときの
 霧雨の冷たさすら憶えてる

 彼女が去ってしまってからも
 お人好しの外面を守ることは
 生きる条件と定めて勝手に続けている

 本当に優しいですねと
 彼女が言ってくれたそのときの
 こころの遠さすら憶えてる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み