文学のご馳走

エピソード文字数 360文字

 チェーホフ、ベケット、シェイクスピア
 カフカ、ジョイス、フローベール
 ウォーにウルフにチェスタトン
 聖書、ボルヘス、アウグスティヌス
 ムージル、ロート、プルースト
 ポーにメルヴィルにヴォネガット
 セリーヌ、ブレヒト、ベルンハルト
 ダンテ、プラトン、アイスキュロス
 ナボコフ、マルケス、クリストフ
 論語、ゴーゴリ、エックハルト
 ホメロス、セルバンテス、ドストエフスキー

 本棚に並ぶ
 文学のご馳走
 贅沢な遊び場
 言葉の森
 ああでもみんな
 異国の人の
 異国の言葉
 鏡に映った舶来の言葉
 楽しく奥深いこの遊び場も
 いつかは潰される日が来るのだろうか
 遠くの言葉がことごとく燃やされて
 触れた者みな吊るされる日が来るのだろうか
 なんだか嫌な予感しかしない
 不安の雲しか浮かばない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み