閉じた無限

エピソード文字数 260文字

 この本さえあればあとはいらない
 この曲さえあればあとはいらない
 そんな終点ともいえる作品を
 無駄とは知りつつ夢みてしまう
 こういう思考にはファシズムのにおいがする
 視野狭窄の偏狭さがただよう
 なのにどこかで求めてしまう
 そこにすべてがあるような
 いかなる感情にも照応し
 いかなる解釈にも堪えられる
 可能性の際限ない宝庫
 戻るたびに発見のある小宇宙
 魂の伴侶と見なせる作品
 いかなる作品も現実には敵わないと
 賢しらな忠告は聞こえているが
 現実があまりに嫌いになると
 閉じた無限が欲しくなる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み