明日をだれかに

エピソード文字数 515文字

 ぼくはなんてからっぽなのだろう
 そこそこの歳月生きてきたのに
 なにも身につかなかった
 だれにもなにも与えられなかった
 でももしやり直せたとしても
 きっと同じことだろうな
 同じようにぼくは十二で世界から切り離されて
 それからはからっぽで生きるのだろうな
 もはやその生き方しか想像できない
 終わる前は満たされていたはずなのに
 まるで他人の生涯みたいだ
 ぼくがもっとも幸福だった時代は
 もはや別人の記憶としか思えない
 彼女と出会って
 自分にも燠火のように生命が残っていると思えたが
 その残り火も自ら消してしまった
 こころが灰になったとき
 肉体はなぜ後を追わないのだろう
 朝起きて
 自分がまだ存在していることに
 いまさらながらに驚いてしまう
 明日が来てほしいと思えなくなって
 どれだけの歳月が経つだろう
 ぼくの明日は
 今日死んだだれかにプレゼントしよう
 だから明日よ
 もう来ないでくれ
 ぼくは今日だけで充分だ
 ぼくは眠りだけで充分だ
 ぼくの人生はもう充分だ
 からっぽなぼくは
 すでに充分透けているから
 お願いだから空白を上塗りしないでくれ
 無意味に無意味を重ねないでくれ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み