キュビズム

エピソード文字数 309文字

 空間が裂けてつぎはぎだらけ
 まるでキュビズム絵画のよう
 難解な絵画の代名詞
 ピカソのキュビズム絵画を初めて見たときは
 なんて面倒くさい絵だとしか思わなかった

 まさか現実が
 本当にそんな様相を示すことになるなんて
 親しい相手の顔が
 得体のしれない塊にしか見えなくなるなんて
 知らなかったな
 思わなかったな

 ああ視界いっぱいつぎはぎだらけ
 まっすぐ歩ける自信がない
 人の気持ちがさっぱりわからない
 こんなにも難解なキュビズム空間を
 みんなはどうやって歩いているんだ
 どうやって他人を理解しているんだ
 目利きのみなさん
 この空間の読み解き方を教えてくれ
 素人を見殺しにしないでくれ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック