ピアニストが知らせたもの

エピソード文字数 501文字

 ある有名なピアニストが弾いた静かな曲
 聴いていると
 穏やかで優しい気持ちになる
 ある無名のピアニストが弾いた同じ曲
 なんということだろう
 ゆっくりとしたテンポは同様なのに
 内に秘めたただならぬ緊張
 静かということは
 必ずしも優しいとは限らない
 牙をむいた猛獣の正面にいるような静寂もある
 ピアノの音が鳴るたびに
 冥府への螺旋階段を降りていくような下降感
 首を絞める輪が徐々に狭まっていくような窒息感
 演奏者の解釈によって
 演奏者の感情によって
 同じ旋律でも千変万化する音楽
 なんということだろう
 生まれたときに予感していたよりも
 この世は底深くて面白いぞ
 知らせなくちゃ
 毎日絶望している自分と
 毎日絶望しているだれかに
 このことを知らせなくちゃ
 無名のピアニストの絶望を知らせなくちゃ
 絶望が共鳴することで訪れる希望を知らせなくちゃ
 解釈によって千変万化する魂と世界の震えを知らせなくちゃ
 今日と明日は同じように見えて二度と戻れない裂け目を孕んでいるという事実を知らせなくちゃ
 木の葉一枚すらにも宿る神の息吹きを感じるための解釈を知らせなくちゃ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み