衰弱した動物

エピソード文字数 129文字

 発熱でもうろうとした頭
 全身をおおう倦怠
 それでもこれは後戻り可能な衰弱

 死ぬときの衰弱は
 比類なく哀しいだろうか
 足は断崖へとゆっくり向かい
 戻ることがどうしてもできない

 些細な病でも死を想わせる
 群れからはぐれた
 老猿みたいな気分
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み