詩は病者

エピソード文字数 179文字

 詩は
 つっかえるように歩く
 散文は
 危なげなく
 よどみなく歩くのに
 詩は
 足がなくならないか心配しているように
 そろそろと歩く

 詩は
 ためらうように呼吸する
 散文は
 不安なく
 止むことなく呼吸するのに
 詩は
 なぜ生きているのか疑問に思うように
 ほろほろと呼吸する

 詩は
 病者だ
 病の普遍性を信じる
 言葉の重篤患者だ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み