夜の姿態

エピソード文字数 219文字

 暗闇には柔らかな手触りがある
 肌理(きめ)こまやかな肉感がある
 夜の姿態(したい)淫靡(いんび)(くら)
 月明かりは官能を倍加させる
 雲間から隣人が覗き見ている
 街灯にとまった血まみれの(ふくろう)
 (よこしま)な眼で(むくろ)を見下ろしている
 夜にあふれる人外の視線
 晒し者にされた闇夜
 串刺しにされた星々
 天蓋(てんがい)が病んでいる
 夜の狂気に感染している
 夜が玲瓏(れいろう)と笑っている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み