死ぬとどうなるか

エピソード文字数 1,199文字

 もちろん死は怖い
 でもどこか期待してしまう
 なにかを
 それはいったいなんなのだろう

 無だろうか
 でも無とはなんだろう
 無といわれて反射的に想像するのは
 なにも見えない暗闇
 しかしそれは無ではなく暗闇
 知覚の対象も主体もないはずだから
 この想像は端的に間違っている
 想像しようとした時点から間違いは始まっている
 眠りの空白と似たようなものだと
 せいぜい類推するくらいしかできない
 想像できないものを想像することは
 はたして可能なことなのだろうか

 死後の世界はどうだろう
 これならいくらでも想像できる
 どんなに奇妙な世界だとしても
 とにかく存在があるのだから
 ダンテの神曲のような幾何学的な異世界
 あるいは三途の川とお花畑
 光に包まれた未知の空間
 なんだって想像できる
 しかし独創的であれ陳腐であれ
 その想像に自分の死を賭けられるかは別だ
 容易く想像できるものに信を置くことは
 はたして可能なことなのだろうか

 霊として現世にとどまるのはどうか
 これなら異世界を創造せずに済む
 そのときに関心の中心となるのは
 自己の存在様態だ
 霊としての自分とはいかなるものか
 身体感覚は?
 脳髄も五体もなくどうやって存在する?
 認識は?
 記憶や思考や言語は?
 これは死後の世界においても同じく疑問ではある
 想像するもの自身を想像することは
 はたして可能なことなのだろうか

 生まれ変わりというのもある
 これはある意味ではもっとも想像しやすい
 既知の世界と既知の存在様態
 来世が現世とはかけ離れた環境の人物であれ異性であれ動物であれ昆虫であれ
 想像のよすがはある
 しかしそうなると興味は輪廻というシステムに向かう
 魂はどれだけの器を遍歴すればよいのか
 このシステムにはいかなる意義があるのか
 現世と来世のあいだの空白期間はどうなる
 その終点は?
 無、死後の世界、あるいは霊?
 限りないモラトリアムが輪廻なのか
 虚しさに行きつく想像に信を置くことは
 はたして可能なことなのだろうか

 こんな並列的疑問なら
 死への関心が高まった十代の頃に
 漠然と考えていたような気がする
 それでその後
 なにか新しい想像はもたらされただろうか
 死生観に深まりはみられたか
 どうもそんな気はしない
 あれこれ本を読んでも
 身近なだれかが死んでしまっても
 死のわからなさと
 哀しみと苛立ちと疑惑が深まるばかりだ

 それでも死に期待している
 死ぬとどうなるか
 その問いへの歩みが
 一向に進捗する気配がないとしたら
 これは問いを間違えているのかもしれない
 もっと有効な問いを生み出せれば
 新たな道が拓けるのかもしれない
 しかしその問いを見つける前に死ぬだろうと思うと
 途方にくれて
 ただ寂しくなる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み