風はなぜだか

エピソード文字数 184文字

 風はなぜだか
 死んだ人たちの声のようだ
 まだ生きていたころの温もりのようだ

 風はふとしたときに
 死者たちの記憶を運んでくる
 優しい葬送を季節とつづけている

 風は
 なぜささやいたことを恥じるのか
 だれからも忘れられた人々を
 なぜ後ろめたそうに抱擁するのか

 風はなぜだか
 胎内さえも吹き抜けたように
 生命(いのち)のすべてを知っているようだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み