“普通”が怖い

エピソード文字数 318文字

 対人恐怖があまりにも(つの)ると
 コンビニや本屋のレジのやり取りですら
 勇気のいることとなってしまう
 店員に商品とお金を渡し
 お釣りと商品を受け取るだけ
 なんなら言葉すら発しなくていい
 そんなことですら
 足が震え
 声が出なくなるような恐怖に包まれる
 他人である店員に悪意はない
 あったとしてもきちんと隠されている
 でもその“普通”の応対や態度が
 ぼくをたまらなく怯えさせる

 そしてぼくと同じような
 自信もなくひたすらに暗い人にとっては
 ぼくこそがその人にとっての他人であり
 その人を怯えさせる“普通”なのだ
 このどうしようもないありふれた“普通”の相互不信を
 だれかぶち壊してくれないだろうか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック