エピソード文字数 318文字

 浴槽(よくそう)(ふた)についた水滴が
 接合部をゆっくりと細めてゆき
 命綱を切り離した登山者のように
 まっさかさまに落ちる
 その寸前の
 緊張を保ち張りつめている(しずく)
 ぼくはきみが好きだ

 滴は時の結晶
 重力の化身

 車の窓に
 雨滴が流れ
 つる草模様のようなパターンを形成し
 即興の曼荼羅(まんだら)を開示し始める
 その寸前の
 道に迷い戸惑っている滴
 ぼくはきみが好きだ

 あらゆる水滴は
 泉下(せんか)にひそむ魚たちの異言(いげん)

 瞳がうるみ
 (まぶた)は湿り
 睫毛(まつげ)を浸し
 ほほをつたう
 その寸前の
 いまだ存在しない未生(みしょう)の滴
 ぼくはきみが好きだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み