自分の言葉にうんざりする

エピソード文字数 300文字

 言葉の扱いが
 もっと上手くなれたらなあ
 想像の筋道が
 もっと丁寧にたどれたらなあ
 すべて不足だ
 書いても書いても
 進歩がない
 いったいなにを見てきたんだか
 いったいどこを歩いてきたんだか
 虚しさを嘆くのは
 いちばん虚しいことだとわかっていても
 ただただ虚しい
 ただたださもしい
 どんな言葉を書いてみても
 すべてに自分が貼りついていて
 うんざりする
 ぼくの外にあるものは愛せても
 ぼくの内にあるものは愛せない
 ぼくの言葉は
 外のものか内のものか
 外だとしたら
 ぼくはもう
 なにも愛せなくなっている
 内だとしたら
 ぼくはもう
 どこにも行けなくなっている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み