道ばたの死

エピソード文字数 225文字

 詩のなかで死ね
 おまえは死ねないのだから
 詩のなかで死ね
 おまえは御魂(みたま)を持たないのだから

 真冬の広小路(ひろこうじ)
 うずもれた浮浪者の影
 いがらっぽい
 脱け殻たちの呼気
 古く優しい弱者たちの死
 かそけき糸が通じ合い
 もろ手のなかで震えてる
 死ね
 血だまりを視線に感じたならば
 死ね
 くべられた痛みを剥離(はくり)させたいならば

 詩のなかで
 詩のなかで
 詩のなかで死ね
 死よりも先に死にたければ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み