ワークスペース

エピソード文字数 248文字

 ワークスペース
 作業空間
 作業宇宙かもしれない
 そうさ言葉は天体だから
 詩でも愚痴でもお話でも
 ゴミでしかないデブリでも
 どこかのだれかには
 流れ星として見えるかもしれない
 好きな言葉を放り投げて
 好きな宇宙を創ってみよう
 ゴミだらけの宇宙でも
 その真空はきみのものだから
 好きなだけきみを膨張させてみよう
 いつかどこかで知らない命が
 見つかることだってあるかもしれない
 神は六日間のワークで
 なかなかのものをこしらえあげた
 きみのワークは
 なにを生むだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み