生まれなかった詩への墓碑銘

エピソード文字数 165文字

 なにも言いたくない
 なにも書きたくない
 そんなときこそ
 詩は生まれたがる

 生まれなかった詩は
 どこへ行くのだろう
 未生(みしょう)の詩に
 墓は用意されてあるのか
 弔いは為されたのか

 詩の住まう彼岸に
 使いとして言葉を書き贈る
 きみたちの御魂(みたま)には遠く及ばない
 蕪雑(ぶざつ)な墓碑銘を捧げ贈る
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み