情熱

エピソード文字数 160文字

 詩は情熱の表現だと
 盲目の詩人がどこかで言っていた
 本当にそのとおりだと
 冷たい言葉しか書けないくせに
 納得した
 冷たい詩を読むのは好きだが
 血の通っていない冷たさは
 言葉の形骸だ
 ぼくの好きな詩人の冷たさは
 迂回した優しさと倫理
 凍りついた情熱だった
 真似事のように詩を書いても
 火は宿らない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み