浮遊

エピソード文字数 226文字

 相変わらずぼくはまた
 飽きもせずに暗い詩を書いていた
 言葉以外にはもう
 なにほどの現実も持っていなかったから

 どこで喪ってしまったのだろう
 ぼくが存在していた現実
 ぼくが空気に触れていた現実
 ぼくがあの人に語りたかった現実

 足が地面を離れてから
 ずいぶん時が経ってしまった
 ぼくは浮上しているのだろうか
 落下している最中だろうか

 鳥打ちはいないか
 マタギはいないか
 撃ち頃の魂がひとつ
 風船みたいにただよっているぞ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み