死の詩

エピソード文字数 183文字

 もう死にたいとは
 言わないよ
 もう消えたいとは
 言わないよ

 いいややっぱりそれは無理だな
 死にたさが詩を生んでいるから
 日常で口にできない言葉を解放するのが
 詩の特質なのだとしたら
 ぼくはやっぱり
 死についての言葉を解放したい
 (かせ)を外したい
 (くびき)を除きたい
 深遠な哲理など望めなくても
 ぼくはやっぱり
 死の詩が書きたい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み