秋の木

エピソード文字数 246文字

 枯れて又かれ、根より抜かれたる()なき秋の木
 そんな言葉を思い出す
 その秋の木は
 ぼくではないか

 枯れて又かれ
 根より抜かれたる
 ()なき秋の木
 その秋の木は
 いつかに死んだ
 ぼくではないか

 秋は
 ぼくらの死の季節だから
 ぼくの埋葬の時節だから
 黄葉(こうよう)紅葉(こうよう)の二重奏
 葬りに葬りを重ねる寂寥(じゃくりょう)の終息地

 枯れて又かれ
 枯れて又かれ
 枯れ果てて
 根こそぎ抜かれたる
 生まれざりし(かた)よかりし
 秋の木
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み