ぼくを葬る

エピソード文字数 630文字

 ちょうど十二のみぎりの秋に
 ぼくは自分を埋葬(まいそう)した
 だれも知らない墓所(ぼしょ)を見つけて
 ぼくは自分を埋葬した

 あとは余生を送るだけ
 死を待つ日々は穏やかだった
 ところがなんとも奇妙なことに
 身近なだれかの死は哀しかった
 これは不思議なことだった
 なぜならぼくは埋葬したとき
 感情の芽を摘み取ったから
 痩せた土壌(どじょう)()は実らない
 悲哀の花咲く余地はない
 だから当然わかってた
 この哀感(あいかん)は 偽物だと

 ふたたび余生は()いできた
 死を待つ日々は穏やかだった
 ところがなんとも奇妙なことに
 離れた彼女の眼は恋しかった
 これは不思議なことだった
 なぜならぼくは埋葬したとき
 感情の()を吹き消したから
 (ただ)れた白蝋(はくろう)に火は(とも)らない
 懸想(けそう)に焦がれる余地はない
 だから当然わかってた
 この恋情(れんじょう)は 偽物だと

 ふたたび余生は凪いできた
 死を待つ日々は穏やかだった
 ところがなんとも奇妙なことに
 詩を書き始めた日は楽しかった
 これは不思議なことだった
 なぜならぼくは埋葬したとき
 感情の詩を引き裂いたから
 千切れた紙片に詩は残らない
 詩神(ししん)が微笑む余地はない
 だから当然わかってた
 この慰めは 偽物だと

 ちょうど十二のみぎりの秋に
 秋草(あきくさ)香る晩秋に
 ぼくは自分を埋葬したのだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック