秋は友達

エピソード文字数 265文字

 みんなぼくを忘れていくね
 ぼくもみんなを忘れていくね
 記憶ってこんなに白かったかな
 薄っぺらな詩集よりも薄い
 登場人物の少ない記憶
 半時もかからずに読み飛ばせる記憶
 生きていてこんなに忘れられるなら
 死んだらだれも思い出さないだろうな
 そう思うと救われる
 ぼくが生きたことを知っているのは
 ぼくを埋葬したあの秋だけ
 ぼくが生まれて死ぬのは冬
 ぼくが恋に狂ったのは春
 ぼくが最後に笑ったのは夏
 それでもみんな忘れてしまった
 秋だけさ
 だれもかもを忘れていくぼくと
 夕暮れを過ぎても遊んでくれるのは
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み