一瞬の詩

エピソード文字数 193文字

 和歌や俳句のいいところは
 いちど覚えると
 忘れにくいことだ
 暗唱しやすいところだ
 ページをめくらなくても
 頭のなかで
 好きなだけ味わえる
 好きなだけいじくれる
 稗田阿礼は
 古事記を暗唱したそうだけど
 凡夫には
 それほどの長さは荷が重い
 ただぽつぽつと
 記憶から浮かぶ
 泡のような音
 泡のような詩
 水泡(みなわ)の表面に映りこむ
 一瞬の感情
 一瞬の詩
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み