テクノロジーと幽霊

エピソード文字数 303文字

 デジタル時計を見たときに
 ちょうど数字が揃ってゾロ目だと
 なにごとか運命なり黙示なりを感じてしまう
 この抜けがたい迷信深さ
 些細な事柄に超常的ななにかを見出だすのは
 古代からつづく人の習性だろうけど
 心霊写真とか
 カーナビが運転手を殺そうとする都市伝説とか
 投稿サイトにあふれる幽霊動画とか
 テクノロジーに超常が絡むと
 妙におもしろい
 科学が都市像を更新すると
 オカルトもマイナーチェンジして随伴する
 人間が不安を抱くかぎりは
 オカルトが払底されることはないだろうけど
 幽霊のいない社会というのも
 それはそれで興味深い
 そこで暮らす人間はもう
 不安を抱かないのだろうか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み