死をめぐる裁判

エピソード文字数 639文字

 さて、ただいまより死を被告人とする裁判を開廷します。被告人、前へ。

 ぼくに罪があるなんて。なにかの間違いです。

 被告人は、許可のない発言は慎んでください。ではまずは、検察官。

 あらゆる生命が死の手によって殺されています。遺族のお気持ちを鑑みれば、情状酌量の余地はありません。われわれは死刑を求刑します。ところで誰か、私とめくるめく恋をしてみませんか。

 検察官は、許可のない求愛は慎んでください。次に、弁護人。

 生きとし生ける者は死ぬものです。死があるから生に価値が生まれるのです。死にも生きる価値はあります。死もまた生きているのです。さて、私はいま“生きる”という言葉を何度使ったでしょう。

 弁護人は、許可のないクイズは慎んでください。では、証人。

 死はとても生真面目で仕事熱心な方です。死がサボっているのを私は見たことがありません。死に罪があるなんて信じられません。死にアリバイがあるとも信じられません。ああ、眠い……。

 証人は、許可のない居眠りは慎んでください。さて、被告人。最後に言いたいことは。

 ぼくは神の命に従っただけです。

 聞いたか、陪審員諸君! こいつは罪を自白したぞ! さあ、判決だ、判決だ!

 ――死刑。
 ――死刑。
 ――死刑。

 満場一致で、死刑の判決が下りました。よって、被告人を死刑に処す。被告人、前へ。その扉をくぐれば、絞首台までは一直線です。

 ぼくが死んでも、死は不滅さ。さようなら、残酷な世界!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み