絶望していてもコーヒーはうまい

エピソード文字数 251文字

 絶望していてもコーヒーはうまい
 人間のなにかかにかよりもブラックなコーヒーはないから
 飲めるコーヒーはすべてうまい
 そんなバカなことがあるだろうか
 あるのである
 絶望していてもコーヒーはうまい
 コーヒーに駆逐される絶望の情けなさよ
 うまいという言葉のどことなく品のない率直さよ
 しかし絶望していてもコーヒーはうまい
 なんだか笑えてくるほどだ
 ミルクと砂糖を入れてもうまい
 なくてもうまい
 絶望がうまいのかと勘違いしそうだ
 しかし絶望は苦い
 コーヒーを飲んでいても絶望は苦い
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み