終わってしまったはずなのに

エピソード文字数 254文字

 時が
 ずっと凍りついている
 いつからだろう
 十二のみぎりに
 こころが裂けてしまってからずっとかな
 それなら
 いままで過ごした時間はなんだったのだろう
 生きながらにして生きていない
 なにも
 流れようとしてくれない
 十二のときに
 なぜ死ななかったのだろう
 あのとき死んでいれば
 彼女と会わずにいられたし
 痛みを味わうこともなかった
 本当に
 意味もなく痛みだけが(つの)るこの人生は
 十二のみぎりに
 終わってしまったようなものなのに
 エンディングの後の暗闇が
 やけに長い
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み