ぼくの遺体を処理する人

エピソード文字数 119文字

 ぼくの遺体を処理する人が
 そこになにを読み取るのか
 少しばかりは気にかかる
 ぼくの遺体を扱う手つき
 運ぶときに感じる重み
 触りたくない微妙な嫌悪
 ぼくの遺体を処理する人が
 他人の死体を見て思うこと
 少しばかりは気にかかる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み