ドーナツの穴

エピソード文字数 486文字

 ドーナツの穴って
 なんのためにあるんだろう
 答えなくていいよ
 さっき調べたからその答えは知っている
 それでも思うんだ
 ドーナツの穴って
 なんのためにあるんだろう

 なんのために人は生きるのか
 答えはひとつなんかじゃ足りないから
 ドーナツの穴の理由だって
 もう少しあってもいいだろう
 だからきみとぼくとで考えよう
 ドーナツの穴に
 生きる意味を教えてあげよう

 たとえばドーナツの穴は
 恋に悶える蜜蜂の(かよ)()
 女王蜂との待ち合わせに急ぐのに
 甘いお菓子がぶら下がっている
 その真ん中に穴があれば
 蜜蜂は恋路を一目散に進める

 たとえばドーナツの穴は
 虹を覗くためのファインダー
 雨上がりのピクニックに
 持ち寄った色とりどりの洋菓子
 その真ん中に穴があれば
 甘党も蒼穹(そうきゅう)の虹に気づける

 どうだろう
 ちょっと無理がありすぎるかな
 もうひとつくらい考えたいけど
 恋にも虹にもぼくは無縁だから
 あとはきみに任せるよ
 ドーナツの穴に
 ぼくでは考えつかないような
 宝石のような祝福を与えてくれ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック