電話ボックス

エピソード文字数 290文字

 電話ボックスがとても好きだった
 街のあちこちに棺桶が立っているようで
 立棺(りっかん)に納められた緑あざやかな電話機
 (ひつぎ)に眠る死者のための副葬品
 十円硬貨とテレホンカードさえあれば
 ここではないどこかへつながることができる
 テレホンカードの残度数を表示する真っ赤なデジタル数字
 受話器を下ろしたときのピピーッという電子音
 街頭に点在する静寂の一間(ひとま)
 すべてが懐かしい
 いまではあまり使わなくなってしまった
 電話をかける相手なんてもういないけど
 人の見当たらない夜闇に佇む
 あの古めかしい立棺で
 また仄暗(ほのぐら)い孤独に憩いたいな
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み