魂鎮め

エピソード文字数 207文字

 こころが瑠璃色(るりいろ)に冷たいときは
 寂寞(せきばく)と他人を激しく峻拒(しゅんきょ)
 この線から内側には
 愛する猫でさえ踏み入れさせない
 めくれた裏切りが
 憂鬱といたちごっこ
 そもそも感情なるものは
 重力の副産物でしかない
 ニュートンは余計なものを発見した
 認識の(まなこ)を覆い隠して
 太古の目隠し鬼に(かえ)ろう
 軸のぶれない祭と涙が
 魂鎮(たましず)めの稲穂を揺らしている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み