一切のすべて

エピソード文字数 190文字

 わたしはもうだれも知らなかった
 鳥を呼んでいた老人も
 丘に眠っていた牧人も
 わたしはもうだれも知らなかった
 震えた痛みにおののく少年も
 苦り切った表情の慈善家も
 わたしはもうだれも
 わたしを知るだれとも出会えなかった

 わたしを知っている
 空から見下ろすだれかの衣擦れ
 その気配だけが
 夕暮れの茜さす塔の頂上で
 わたしが出会える一切のすべて
 世界の世界
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み