葉桜

エピソード文字数 121文字

 葉桜が嫌いだった
 濁った水のようにしか見えなくて
 出涸(でが)らしの艶姿(あですがた)のような気がして
 いまは少しだけ好きになった
 相変わらず綺麗とは思わないけど
 春の盛りの想い出にしがみついているような
 未練がましさに共感する
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み