冬に目覚めたムーミン

エピソード文字数 241文字

 だれもが眠っているときに起きているのが好きだ
 たしかムーミンに
 そんな話があった
 他のみんなは冬眠している夜
 ひとり
 目覚めてしまうムーミントロール
 読んでいてぞくぞくするような
 蠱惑的な場面
 忘れられない風景のひとつ
 物語は
 筋や人物がおぼろになっても
 イメージの断片は
 いつまでも記憶にこびりつく
 自分自身の過去と
 同じくらいの強さで
 いつかの夜の幼い自分と
 冬眠から覚めたムーミントロール
 眠りに囲まれた澄んだ孤独が
 記憶のなかで響きあう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み