選別

エピソード文字数 326文字

 異性が視界に入ると
 無意識に選別していることに
 気づく
 自分勝手な美醜の物差しと
 手前勝手な好悪の天秤で

 “すべて色情を(いだ)きて女を見るものは、既に心のうち姦淫したるなり。もし右の目なんぢを躓かせば、(くじ)(いだ)して棄てよ”

 わが最愛の詩人は
 聖書のこの箴言を
 倒錯したものだと非難していた
 人間は性的渇望を機能としてもっている
 それを得意気にあばき立てるのは
 倫理的な鋭敏さではなく
 病的な鋭敏さでしかないと

 そのとおりだと思う
 ところで自分の気分としては
 他人を選別しているのが気にくわないので
 機能だろうが本能だろうが
 ことごとく破壊してしまいたい
 と
 眼を抉りもせずに
 考えている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み