身投げ天国

エピソード文字数 237文字

 塔から身投げした黒衣の老婆が
 落下しながら鳥についばまれている
 罪人の化身した猛禽たちが
 群れをなして墜落者を削っていく
 長い長い地面への旅路で
 老婆はついに大地にたどり着けなかった
 空中でゆっくりと四散した
 黒衣も老婆の肉体も
 鳥たちの胃の腑におさまった
 だれも地に触れて死ぬことができない
 上層に隔離された住人たちは
 それでも下界との接触を夢みて
 塔の上から身投げする
 またひとり
 鳥たちについばまれて消えた
 年端もいかない少年天使だった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み