虎と末世

エピソード文字数 310文字

 虎のように気を失え
 虎の失神には
 なにか(なまめ)かしいものがある
 (たけ)き者が崩れ落ちる
 蜜のように舌先に甘い光景
 ネコ科の勇者がたたらを踏む
 その敗北の舞踏

 牙は砕かれ
 眼玉は(えぐ)り取られ
 (はだえ)は裂かれ
 肉はこそげ取られた
 沈黙をつらぬくなけなしの虎
 きみの魂は
 万物の霊長を憎むか
 頬ずりされる仔猫(こねこ)のように
 冷たい無関心を決め込むだけか

 虎のように気を失え
 終末をいろどる浮かれ騒ぎには
 時宜(じぎ)にかなった振る舞いがある
 文明と呼ばれていたなにかが崩れ落ちる
 蜜のように舌先に甘い光景
 ヒト科の秀才がたたらを踏む
 その敗北の舞踏
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み