善意が信じられなくて

エピソード文字数 214文字

 やさしさの底をえぐると
 やさしさではない汚水が
 にじみ出てくることだろう
 そもそもえぐる必要などないのに
 なぜそんなことをしてしまうのか

 疑念が
 絶えずある
 善意を信用できない
 自分のなかの善ですら
 ひたぶるに疑わしい
 いちど砕いてすりつぶして
 ああ本物だったかとやっと確認して
 そのときにはもう
 元には戻せない

 ぼくはこれまでなんど
 信じるべきものを信じられなくて
 自ら砕いてしまったのか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み