火の秋

エピソード文字数 343文字

 火の秋
 好きな詩人の
 好きな詩にあるその言葉
 なぜかしらこころを震わせるその言葉

 火の秋
 秋は燃えるのか
 秋という寂しいあの季節は
 (くら)(うず)()をどこかに隠し持っているのか

 火の秋
 ぼくは秋の相貌にまみえたことがあるか
 十二のみぎりに映ったあの死のように静止した季節は
 凍りついた風景のままに燃えていたのか

 火の秋
 秋が残酷な無関心でぼくを葬ったときも
 ぼくの魂から温もりが一掃されようとしていたあの秋にも
 秋は凛然たる(ほむら)でぼくを荼毘(だび)に付していたのか

 火の秋
 ぼくの最愛の詩人のその言葉は
 いまは泉下に眠る彼の生涯がつむいだその言葉は
 死でさえも消しとめられない劫火(ごうか)で秋を燃やしつづけている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み