路地裏の僧侶

エピソード文字数 187文字

 闇と破局した路地裏が
 救済を静かに求めている
 電球を四十二個砕き
 余光の破片を不毛にばらまく
 泥水のたまりに反射した輪廻が
 贋作の希望で猫の眼を眩ませる
 路地裏で黙禱していた四人の僧侶が
 ひとり死に
 ふたり死に
 ちょうどそこで闇が通りかかった
 生き残ったふたりの僧侶が
 ひとり消え
 ふたり消え
 初めからだれもいなかったんだ
 信仰深い猫の見た幻さ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み