夢が見たい

エピソード文字数 500文字

 最近は夢を見ない
 子どもの頃から散々つきまとってきた
 なにかに追いまわされる夢も
 特に関心を持っているわけではない有名人が出てくる
 意味不明な夢も
 友人や想い人など会って嬉しい数少ない人たちが現れる
 もう一度そこに帰りたい夢も
 ほとんど見ない
 まるっきり夢を見なくなった
 その代わりといってはなんだけど
 現実感がどんどん薄れて
 茫漠とした夢の中を漂っているような気分
 自分の名前や来歴が
 とりあえずの設定としか思えない
 他人の言葉も自分の言葉も
 なにも頭に入ってこない
 風景が
 舞台の書き割りよりも薄っぺらい
 こんなになんの手応えもないと
 もうすぐ死ぬんだろうなあって
 朝も昼も夜も自然に考えてしまう
 夕暮れのひとときに
 脊髄を走り抜けるようなパニックに襲われることがあるけれど
 叫ぶわけでもなく
 泣くわけでもなく
 パニックに陥りながらも無表情
 きっとこのときが一番
 現実に触れているんだろうな
 ああ、こころを震わせる夢が見たい
 そのまま夢から戻りたくない
 悪夢でいいから死なせてほしい
 この現実感のなさを
 夢で(あがな)ってほしい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック